英国の南極基地で郵便局員を募集!

旬の小ネタ|会話のネタのタネ

南極の郵便局員を募集!

読了までの目安時間:約 4分

 


南極の郵便局員募集

南極郵便局員の募集が話題になりました。

 
南極で郵便?
仕事はあるのでしょうか。

 

調べてみました。

 

 


スポンサードリンク


募集した団体

募集したのは、英国の「南極遺産歴史トラスト」という
南極観測の民間団体です。

 
HPで若干名を募集したのですが、
応募が殺到してHPの接続が一時不可能になる
事態になりました。

 
現在の応募者数は、約1000人。
応募者には日本人もいて
世界中から応募があるといいます。

 

 

仕事に関して

勤務条件ですが、下記になります。

 
勤務地:
南極半島沖合のゴージャー島
ポート・ロックロイ基地

 
契約期間:
2015年11月初旬~3月半ばの季節限定

 
勤務時間:
フルタイム勤務

 
報酬:
月1100ポンド(約20万円)
ただし、生活費は団体が負担

 

肝心の仕事内容ですが
主に郵便局のミュージアムと
ギフトショップの運営ということです。

 
そこで、1日に1~2回訪れる観光客船の
乗客たちの対応と手紙の処理を行います。
ちなみに、この郵便局には毎年18000人が訪れ、
70000通の手紙が出されるそうです。

 

応募が殺到と書いてあったので、
報酬が高いのかと思ったら、そうでもないですね。

 
では、なぜ応募が殺到したのか。
応募した理由で多いのが
「ペンギンと一緒に生活してみたい。」
ということです。
 
ペンギンと楽しく生活
 

 

募集に関しての注意書き

しかし、HPには厳しい注意書きがあります。

 
要約すると

 
・南極は平均気温-10度という極寒の地で、
勤務している時季でも平均気温は-5度。

 
・水道水や電話もなく、
インターネットの使用も不可能という環境。

 
・シャワーなしで約1ヵ月過ごし、
3人の知らない人と
臭いのきついペンギン2000羽との生活。

 

・仕事では、滑りやすい岩やぬかるんだ雪の上を
ペンギンを避けながら、大きくて重い箱を運搬。

 

・日曜大工と料理が出来る必要があり
もちろん、英語は必須。

 

こんな厳しい注意書きが書いてあるのに
応募する人は誰も注意書きを
信じていないのでしょうか。

 

南極の郵便局員は「ペンギンと楽しく」というより
「ペンギンとの戦い」になりそうですね。
帰ってくる頃にはペンギンが嫌いに
なっていそうな気もしますが。

 

 

スポンサードリンク


 

タグ :  

その他    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: