テニスの点数の付け方と数え方

旬の小ネタ|会話のネタのタネ

テニスの点数の謎

読了までの目安時間:約 4分

 


テニスの点数の謎

テニスの錦織選手が活躍していますね。
テニスに全然興味が無い人でも
応援してしまいますよね。

 

でも、応援していて不思議ではありませんか。
0-15-30-40
という点数の付け方。

 

ということで、調べてみました。

 


スポンサードリンク


2つの有力な説

調べてみるといろいろな説があります。

 

その中の2つを紹介します。

 

1つ目は、テニスの原型になった
スポーツ・ジュドポームが
フランスの修道院で考えられたため、
彼らの行動時間単位である15分がもととなり
点数も15の倍数になったという説です。

 

2つ目は、点数を付けるのに
時計を使っていたため、針の指した数字が
そのまま点数になったという説です。

 

私的には2つ目の説のほうが納得します。

 

なぜなら、点数を
0-15-30-45
にしたのでは、点差がわかりにくくて、
間違う可能性があるからです。

 

 

なぜ、45ではなく、40?

点数の並びを見ておかしいと思いましたか。
0-15-30-45ではなく
0-15-30-40ですよね。

 

3ポイント目が45ではなく、40。

 

これは、点数を英語読みすればわかりますが、
ラブ(0)
フィフティーン(15)
サーティ(30)
フォーティ・ファイブ(45)
と45は2つの単語で出来ているのです。

 

なので、
ファイブ(5)は言わなくてもわかるよね、
ということでフォーティ(40)に省略されました。

 

 

なぜ0をラブと読むのか?

そうなるともう一つ、
0の読みがなぜ「ラブ」と読むのかですね。
これには2つの説があります。

 

1つ目は
0は玉子の形に似ているので、
フランス語の玉子「L'oeuf」(ルフ)を
イギリス人が言いやすい「ラブ」にした
という説です。

 

2つ目は
「0」の読み方「オー」だと
同点のときに使う「オール」と聞き分けが
難しいため・・・

 

例えば
15-0(フィフティーン、オー)
15-15(フィフティーン、オール)

 

だと聞き間違いを起こす可能性があるため、
聞き取りやすい「Nothing」と同じ意味があった
「Love」を使ったという説です。

 

 

点数の数え方

1回打ち合って点数が入るのが1ポイント。

0-15-30-40の部分です。

 

4ポイントで1ゲームになり、サービスが交代になります。

 

6ゲームで1セットになり、コートが交代になります。

 

3セットまたは5セットで1マッチ(試合)になり
取ったセット数が多い方が勝利になります。

 

どうですか。
テニスの点数の疑問が解決しましたか。

 

解決したら、気持ちよく錦織選手を応援できますね!

 

 

スポンサードリンク


 

タグ : 

スポーツ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: