防虫素材「スコーロン」でデング熱対策

旬の小ネタ|会話のネタのタネ

デング熱対策には蚊が逃げていく防虫服!?

読了までの目安時間:約 3分

 


スコーロンで蚊を防止

梅雨が明けると蚊が本格的に飛び始めますね。

 
2014年8月、70年ぶりにデング熱の
国内感染が確認されました。
今年もデング熱を媒介するヒトスジシマ(ヤブ蚊)には
注意が必要です。
 

そんな中、蚊が逃げていく服の販売が好調ということです。
どんな服なのでしょうか。
調べてみました。
 
 


スポンサードリンク


防虫素材「スコーロン」

服から蚊が逃げていくのは生地に理由があります。
生地に蚊などの虫が嫌がる成分が含んでいるのです。
生地の名前は「スコーロン」です。
 

繊維メーカー「帝人」と
防虫メーカー「アース製薬」が共同開発した生地です。
 

スコーロンには蚊が苦手な成分が含まれていて
触覚や足先が生地に触れると刺さずに逃げていきます。
 

実験でも防虫加工していない服には蚊が止まるのに対し
スコーロンを使った服には蚊が止まりませんでした。
 
蚊が逃げていく

 

しかも、スコーロンの防虫効果は洗濯しても持続します。
吸血阻止率は洗濯前で90%以上、
洗濯20回後でも80%以上とほとんど変わりません。
 

これで服の上から蚊に刺される心配はありません。
 

 

また、アウトドアを想定した生地なので、
高い防虫機能はもちろんのこと
紫外線遮蔽率90%以上と
高いUVカット機能も備えています。
 

スコーロン生地は
2014年と比べると3倍以上売れているそうです。
 

 
 

デング熱対策

2015年のデング熱のニュースは
あまり報道されていませんが、
海外で感染して日本で発症したデング熱感染者は
すでに100人を超えています。
 

スコーロンの服で、勘違いしないでほしいのは
服に蚊が止まらないのであって
蚊は寄ってきます。
 

つまり、服を着ていない素肌は蚊が止まってしまいます。
 

なので、防虫スプレーなども一緒に使って
蚊を寄せ付けないようにすることも大切です。
 
 

スポンサードリンク


 

タグ :   

ファッション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: