「ゴハンアザラシ」は、カワイイご飯の保存方法

旬の小ネタ|会話のネタのタネ

「カワイイ!」と絶賛されたご飯の保存方法

読了までの目安時間:約 3分

 


画期的なご飯の保存方法

Twitterに投稿されたご飯の保存方法が
画期的でカワイイと話題になりました。
 
どんな保存方法なのでしょうか。
調べてみました。
 
 


スポンサードリンク


大喜利的発想で考案

ご飯の画期的な保存方法を考案したのは
芸歴2年目のお笑いコンビ「すぽっと」の
ボケ担当、赤嶺総理さん(24)。
 
赤嶺さんは大喜利が大好きで
大喜利番組「フットンダ王決定戦2015」で
予選から勝ち上がり、決勝まで進出しています。
 
そんな赤嶺さんは
冷凍庫に保存してあったご飯を見て
「白い」+「丸い」+「冷凍」
という特徴を大喜利的発想で
この保存方法を思い付きました。
 
この保存方法をTwitterに投稿すると
「カワイイ!」と大絶賛され、1週間で
46000回以上もリツイートされました。
 

 

ラップに顔を描いて保存

投稿された保存方法は
ご飯を包んだラップにアザラシの顔を描いただけと
シンプルな方法、その名も「ゴハンアザラシ」。
 
でも、見ているだけでホッコリする保存方法ですね。
 


見た目はマンガ

にそっくりですね。
思わず、「ゴマちゃん!」と
名前を呼んでしまいました。
 


 


日なたぼっこをしている姿もカワイイですね。
 
作り方が簡単なので、
自分でもやってみたという人のリツイートも
たくさんあります。
 
そんな人のために
赤嶺さんがTwitterでコツを教えてくれています。
 

最初四角く包んで、
あとから無理やりアザラシっぽい形にするのが、
かわいらしく作るコツだと思います。

 
ただし、顔を書くときは
ペンによってラップを通り越して
ご飯に染みてしまうこともあるので、
注意して下さい。
 
 

スポンサードリンク


 

タグ :   

食べ物    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: