新作プラレール「超電導リニアL0系」がプラレール博で話題

旬の小ネタ|会話のネタのタネ

プラレール博で新作「超電導リニアL0系」が話題に!

読了までの目安時間:約 3分

 


プラレール「超電導リニアL0系」

4月29日(水)に
幕張メッセでプラレール博が開幕しました。
そのプラレール博に登場した
新作のリニアモーターカー「超電導リニアL0系」が
話題になっています。

 

どのようなリニアモーターカーなのでしょうか。
調べてみました。
 
 


スポンサードリンク


プラレール博inTOKYO

2015年4月29日(水)~5月6日(水)までの
8日間、幕張メッセで「プラレール博」が開催されます。
 


 

「プラレール」は株式会社タカラトミーが発売している
青いレールを自由に組み合わせて電車を走らせる
子供用鉄道オモチャです。
1959年の発売から2015年で56年経ちます。
 

展示ゾーンには
巨大ジオラマや
大人でも楽しめる「ハイグレードタウン」などがあり、
アトラクションゾーン(有料)では
プラレールに乗れる「乗ろうよ!大きなプラレール」や
釣り竿でプラレールを釣る「プラレールつり」などで
遊ぶことができます。
 
巨大ジオラマ
 
乗れるプラレール
※タカラトミーのHPより

 
また、ショッピングゾーンでは
プラレール博でしか手に入らないイベント記念電車が
販売されています。
 

開幕した4月29日だけで2万人以上が来場しました。
 
 

プラレール「超電導リニアL0系」

4月21日に有人走行では世界最速の
603km/hを記録した
JR東海の「超電導リニアL0系」が
プラレールの新作として発表されました。
 

リニアモーターカーの走行方法といえば
車輪はなく磁力を使って前に進む仕組みです。
この仕組みをプラレールで
どうやって実現したのでしょうか。
 

展示されている「超電導リニアL0系」の
プラレールを観てみると・・・
普通に車輪が付いています。
 
新作プラレール「超電導リニアL0系」
 
「こんなの超電導リニアじゃない!」
と怒りたくなりますが、タカラトミーによると
「車輪を透明にして、浮いているように見える工夫をしています。」
ということです。
 

「超電導リニアL0系」は
透明な車輪を使っているので見えないはずなのです。
つまり、見えているのは車輪ではなく、
磁力ということです。(笑)
 

いつまでも「子供心」を持っていたいですね。
 
 

スポンサードリンク


 

タグ :   

乗り物 オモチャ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: